かめりずむ

亀のテンポでコツコツと!ポイントサイト、アンケートサイト、Google関連等々のネタを呟きます。

森永ラブのツナマフィン♪

学生の頃、森永ラブでアルバイトをしてました。
中でも人気のメニューの一つが、ツナマフィンでして朝のオープンのメンバーだったので仕込みをよくしたものです。
月日は流れてもたまに無性に食べたくなるので、記憶のレシピを頼りに作ってます。
ご存知の方がいましたら、お試しあれ!

 

ツナフィーリング編
マフィンに挟む具材は【ツナフィーリング】と呼んでいました。

その【ツナフィーリング】の作り方をご説明します。
1)ツナ缶の油を切ります。
2)容器に油を切ったツナとみじん切りにした玉ねぎを入れます。
※もし玉ねぎが辛い様でしたら、しばし水にさらして下さい。
3)塩とコショウを少々
※当時はペッパーソルトというのがあり、それをサッサッと2回程ふりました。
4)ローズマリーを少々
※当時は缶入りの粉を2振り程です。
5)よく混ぜます。
6)マヨネーズを入れます。(適量)
※当時はオリジナルのタルタルソースを使っていました。
7)醤油を少々
8)よく混ぜます。
これで【ツナフィーリング】の完成です。
※すぐにでも使えますが、1時間程ラップをかけて冷蔵庫に入れておくと全体がなじんでいい感じになります。

そこから完成まで編
9)マフィンを2つに割ります。
10)片方にマーガリンを塗り、もう片方にスライスチーズを乗せます。
11)マーガリンを塗った方に【ツナフィーリング】を塗っていきます。
※マーガリンを塗った方にするのは、マフィンに染み込まないようにする為です。
※当時【ツナフィーリング】はディッシャー(よくアイスなどをコーンに盛る時に使う先の丸い金属製の調理器具)を使っていましたが、普通のスプーンで盛って平らに伸ばしていけばいいと思います。
12)家庭で作るのでオーブントースターに入れて焼きます。
13)目安的には、チーズが膨らんできたらOKです。
14)最後にラッピングですが、当時は表面が銀紙っぽいのを使ってまして、今自分はアルミホイルでくるっと包んでます。
15)完成です!

写真が入ってなくて申し訳ありません。
出来るだけ分かりやすく書いたつもりですが、チャレンジしてみて下さい。